快くん頼くん静ちゃん大きくなぁれ♪

育児や、日々の出来事をのんびり更新していきます。

やっちゃった・・・

昨夜のお風呂での出来事・・・。
いつもおもちゃをお風呂に持ち込み、遊びながらお風呂に入ってなかなかあがろうとしない快くん。
昨日も、なかなかあがろうとしないので「知らないから、一人で入ってなさい!」と、私が先にあがったのですが・・・。
その後、おもちゃを片付けて、お風呂のふたを閉めようと悪戦苦闘していた快くん。
なぜか知らないけど、お風呂のふたを風呂場の床に広げてその上にのった途端、滑って仰向けに倒れてしまいました・・・


どこも怪我をした様子もなかったので、
「ふざけてるからでしょ!早く起きてあがりなさい!」
と怒鳴ったのですが・・・泣きながら風呂場からあがってきた快くんをよくよく見たら、あごの下に出血が
どうやら、足が滑った時に、水道の蛇口にあごの下をぶつけて切ってしまったらしいんです
出血はさほどなかったものの、傷口は結構深く、パックリ
どう見ても、バンソウコウ貼っとけば直る!っていうような傷じゃなかったので、診察してもらえないかと市立病院へ電話をしました
が、返ってきた答えは・・・


「当直医が内科医なので、処置は出来ません。I病院が、外科の病院だからそちらに連絡してみてください」


市立病院って救急の指定病院になってるんじゃないの?!まさか、たらいまわしにされるんじゃないでしょうね?!
なんてことを思いながら、I病院に電話をすると「傷の程度によっては消毒だけして終わりかもしれませんけど、傷の状態見ますので急いできてください」との事。
急いでI病院へ
診察の結果、傷が深いので縫わないといけないとのことで、3針縫っていただきました
縫っているところが見えないようにと、顔に布をかけられた快くんは、何をされているのかわからない恐怖から、大声で泣き叫んでいました
対応してくれた先生も、看護師さんも、理学療法の方もとても優しく対応してくれたので、治療中意外は快くんも私もパパも、落ち着いていることができました


今日も、消毒しに行って来たんですが、とっても優しい看護師さんと先生だったよう。
傷の状態もいいので、29日の抜糸まで通院はしなくてもいいとの事でした。
でも、抜糸の時は、きっとまた大泣きするんだろうなぁ・・・


今年は私が本厄。
お義母さんの入院やら、快くんのけがやら、私の厄がどうやら家族に降りかかっているようです
去年の前厄のときは、お義父さんが仕事中に手首を切って、3針縫う怪我もしたし・・・。
来年の後厄が済むまで、何かと気をつけないとね・・・。
今回は、私の不注意でもあるから、痛い思い、怖い思いさせちゃって、あごの下で見えにくい場所とはいえ、顔に傷を作っちゃって、快くんには申し訳ないことしたなぁと反省してます。
もうお兄ちゃんだから大丈夫じゃなくて、お兄ちゃんだけど、ちょっと気をつけてあげないとって気持ち、持たないといけないなぁって思いました。
今回の事で、ママも勉強させられました。


ブログランキング参加中♪お願いします↓

スポンサーサイト

コメント

10リットルまでの水しか入らないバケツには、11リットルの水は入りきれません。

1リットルの水がこぼれてしまった事で、周囲の人間が「なんだこのクソバケツ!」と足蹴にしたら、

バケツが凹んで、10リットル入れられたはずの物が、9リットルまでしか入らなくなりました。

…っていうのが、今の日本の医療崩壊(ていうか、マスコミによる医療破壊)の現状。

教訓とかそういう以前の問題。

…。
……。
………。

…マスコミの医療破壊は大成功ですね。
http://punigo.jugem.jp/?eid=500
http://punigo.jugem.jp/?eid=495
http://punigo.jugem.jp/?eid=491

快くん痛かったでしょうねー><
でも通院しないでいいならよかったですね^^
はやく傷も治ってくれるといいですねー^^
大きな怪我とかするとかなりあせりますよね><

都築てんがさん
私も医療に従事していた身。
おっしゃっていることは、わかっているつもりです。
でも、親としての立場になれば、目の前で痛がって泣いてる子供がいるのに、診察を断られてしまったら、「何のための救急指定なの?」って思ってしまうんじゃないでしょうか?
そう思ってしまうのは、私だけなんでしょうかね・・・。


マダムmamaさん
男の子だから、怪我をするのは仕方ないことなんでしょうけど、やっぱり大きな怪我だと一瞬焦っちゃいますね^^;
今は、全然痛がってないけど、そうとう痛かったろうなぁと思います。
傷跡、目立たなくなってくれればいいんですけどね~。

イザという時の医療機関の対応は、実際の治療でも心理的な意味でも大きく変わりますよね。
親にしてみれば心配も不安もいっぱいな素人なのですから。。。

大変な経験だったですね。私なら頭がグルグルしてしまいそうな気もします。快くんも早いうちに処置してもらえてよかったでしたね。

1日も早い完治をお祈りしています。

くろねこママさん
パニックになればなるほど、病院の対応に疑問をもってしまったり、理不尽に思えてしまったり・・・。
でも、外科的なことはあまり詳しくない内科の先生に、適当に診察してもらうよりは、外科の先生にきちんとした治療をしてもらえたので、結果的には良かったのかもしれません。
ほんと、早く良くなってくれるといいです。

快くん、翌日の写真を見ても痛々しいですねv-409
結果的に今回は対応してもらえてよかったけど
今後、不安は残りますよね。。。
ホント、日本の医療どうなっちゃうんだろ
お互い出産が近いだけに不安ですよね~。

てんさん
ほんと、今回は対応してくれる病院があったから良かったものの、今後、何かあったとき不安ですよね。
今回の怪我は、軽かったから良かったけど、もっとひどかったらきっと、もっとパニくってただろうなぁ^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiho523.blog116.fc2.com/tb.php/95-196f19a7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

kaitomama0523

Author:kaitomama0523
H15年生まれの快仁(かいと)と、H20年生まれの頼仁(らいと)、H21年生まれの静那(せいな)、2男1女のママです。
バス健診の看護師として、時々働きに出ております^^;

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

blogram投票ボタン

FC2Ad

Template by たけやん